【2021】無料で美少女アプリゲーム|おすすめランキングTOP10評価・レビュー付き

【マーダーミステリーJ】序盤攻略|役職・ルール説明オンライン対戦

マーダーミステリーJでは人気推理ゲーム・マーダーミステリーを元にした人狼ゲームが展開!

殺人事件を舞台に、犯人や共犯者を見つけ出して追放するオンライン対戦が楽しめます。

ただチュートリアルが無く、序盤攻略をどう進めていくべきなのか迷いますよね。

初心者でも知っておくべき攻略のコツについても気になるところです。

今回はマーダーミステリーJの序盤攻略や攻略のコツをまとめていきます。

コツを熟知してマーダーミステリーJで本格人狼ゲームを堪能しましょう。

【マーダーミステリーJ】の序盤攻略

マーダーミステリーJは、殺人事件を舞台とした犯人探しの推理ゲーム・マーダーミステリーを元にした人狼ゲームです。

ある屋敷に集まった一般客ととある一族、新聞記者を巡って誰が殺したのか犯人を捜します。

完全なオンラインゲームとなっており、登場人物はすべてプレイヤーが参加しているので攻略の規則性が見つかりにくくなっていますよ。

自分を含めたプレイヤーの発言一つで状況が変化!

役職や立ち回り、会話を見極めて序盤攻略していきましょう。

役職と立ち回りを熟知しよう

各プレイヤーは振り分けられた役になり切って人狼ゲームを行います。

人狼以外にも能力を持った役職があり、部屋を作る際の役職の配置によってそのゲームの流れが大きく変わりますよ。

ただの客人、一族、華麗な一族、新聞記者など複数の役職を完備。

役職の能力を活用して犯人探しの情報集めができます。

ゲームを始めたばかりであれば各役職の能力や立ち回りを熟知していきましょう。

役職の内容を知っているかいないかでゲームの見方が大きく変わるのです。

チュートリアルが無いのでより詳しく役職を知りたい場合は、観戦で能力を見ていくのがおすすめですよ。

会話の中から嘘つきを探す

マーダーミステリーJでは各プレイヤーの発言を見極めて犯人を捜すことが重要。

なので、各プレイヤーの行動や会話から矛盾を見つけるようにしましょう。

犯人となるプレイヤーは嘘の行動を報告するので、おのずとほころびが見えてきます。

役職の能力で手がかりを得ることもあるので、話し合い時間の深夜行動の報告はしっかり見ておくのが良いですね。

深夜時間の行動を見極める

犯人以外のプレイヤーが生き残り続けるには深夜時間の行動が肝となってきます。

他の人狼ゲームではない要素として深夜時の部屋移動があり、特定のプレイヤーは部屋移動で身を守ったりアイテムを入手したりできますよ。

部屋を移動することで犯人に見つからず殺されない夜もあるのです。

逆に犯人はプレイヤーの行動を見極めて襲う必要があるので、まさに運も実力のうちですね。

深夜時間の各プレイヤーの行動を見切って有利な深夜行動をとりましょう。

【マーダーミステリーJ】の攻略のコツ

人と人のやり取りになるので難しい面もありますが、会話や行動を見る、COを使い分けるといったコツがあります。

コツを活かして騙し騙されの人狼ゲームを攻略しましょう。

他プレイヤーの会話や行動をよく見る

攻略に最も必要なのは会話と行動です。

犯人は矛盾した行動や会話を落としていくものなので、会話の中に犯人の手がかりがあります。

特に深夜の行動時はどこにいたのか、何をしたのかで不審点が見えてきます。

他にも犯人は役職になり切って出てくることもあり、本当に役職なのか比べていくことで犯人が明らかになることもしばしばです。

役職COの使い分け

役職COというのは、役職カミングアウトの略で「自分は(役職名)だ!」と他プレイヤーに教えることです。

その役職ではなくとも役職COができ、犯人が嘘をつくための常とう手段として使えます。

戦略として役職COをうまく使い分けて盤面の整理や敵を欺いていきましょう。

会話にしっかり参加する

初心者プレイヤーにありがちですが、参加したからには傍観者になるわけにはいきません。

他プレイヤーとの会話に必ず参加するようにしましょう。

会話に参加しないと、そのゲームには不要な存在として優先的に追放されかねません。

犯人側になった場合でも無言を貫くと犯人だと言われることもあるので、注意してください。

【マーダーミステリーJ】序盤攻略まとめ

マーダーミステリーJでは、役職やそれぞれの立ち回りを覚えることから序盤攻略を進めていくのがおすすめです。

役職が多く、能力も様々なので部屋の役職の配置次第で盤面が大きく変わりますよ。

攻略のコツとしては夜行動の見極めが必須ですね。

生き残るためにどう動くかで翌日も生きているかいないかの分かれ目です。

どう犯人探しするかわからない場合は、まずは「話す」ことから始めていきましょう。

コメントを残す