【2019最新版】ゲーム アプリ厳選集|王道RPG~人気シュミレーションゲームTOP10

Huawei(ファーウェイ)って結局どうなったの?禁輸措置は継続中?最新の情報をお届け

どうもKozatoblogです!

今年に入ってからニュースでも持ち切りになっているHuawei(ファーウェイ)とアメリカの問題。裏に蔓延る問題が沢山ある中、一時期は Huawei(ファーウェイ) 製品に”異物”が入っている!と噂されました。

abemaニュースではその際 Huawei(ファーウェイ)製品を分解し中に何が入っているのかとスタジオで調べるなどもはやエンターテイメント化していました笑

今では企業の問題だけではなく経済大国同士の国家問題にまで影響しています。

で、結局どうなったの?

日々状況が変わる状態の中で一時は本格的なアメリカ、中国の貿易戦争の火ぶたが切って落とされました?と危ぶまれました。

G20 (20か国地域首脳会議)

しかし、 Huawei(ファーウェイ) 側に対する風向きが変わる出来事がありました。
それは日本・大阪で開催された (20か国地域首脳会議) G20です。
米国のトランプ大統領は、Huaweiへの厳しい全面的な禁輸措置の解除を発表。

これにより、 Huawei(ファーウェイ) は以前の様に正常に運営が再開されると考えられ。 同時に、中国に対する新たな関税の引き上げも、当面は見送られることとなりました。

トランプ大統領が、一連のHuaweiに対する禁輸制裁を取り下げることに合意したのであれば、これほど大きな災いを招く失敗はない。そもそもHuaweiが脅威となっていたという政府の警告ですら、どれほど信頼性があったのか、疑問を呈するだけになってしまうし、だれも今後は警告に注意を払わなくなってしまうだろう。

Marco Rubio上院議員

すでに米国内でも、こんなふうにTwitterアカウントで憤りを表明する、共和党のMarco Rubio上院議員が登場するなど、大きな波紋を引き起こしているようです。

コロコロ変わる米中状況

先週、突如として、トランプ大統領が発表した、Huaweiへの禁輸解除措置とも考えられる方向転換は、多くのユーザーならびに関係者を安堵させたことでしょう。

週明けに米商務省産業安全保障局(Bureau of Industry and Security)で輸出管理部門を統括するJohn Sonderman氏から、部内の職員へ送られた1通のメールについて明らかにしています。

依然として、Huaweiが輸出規制リスト(U.S. Entity List)に入っている状態は変わっていないこと

この様に状況はコロコロ変わる為私たちユーザーや投資出資者、政府でさえも予測不能で余談を許さない状況である事には変わっていませんね?

何はともあれ Huawei製品は安くてクオリティーも高い

Huawei 製品は”異物”が混入しているなどネガキャンペーンを受けました、確かにスマホの中やテレビの中。車の中。産業製品の中身について素人の私たちには知る由もありません。

そんなブラックボックスを信用する為に良い製品を長年扱っている有名企業の製品は安心して購入できるのかもしれません。


コメントを残す