【2019最新版】ゲーム アプリ厳選集|王道RPG~人気シュミレーションゲームTOP10

ポートフォリオを徹底解説面接攻略【最短でデザイナーになるには?】デザイナーを職業、副業にしたい人に捧ぐ|Kozato講座#02

どうもKozatoblogです![author_box label=”この記事を書いた人]

今回はKozato講座#01に引き続きデザイナーとして就職する時に
最短で夢を叶える為の情報を深堀して解説したいと思います。

ポートフォリオが必要不可欠で重要なものであることは以前の記事で
承知してもらえたかと思います。

なので以前伝えきれなかった、ポートフォリオの㊙情報を特別に公開!

出来るだけ具体的な方法をお伝えしたいので
コメント欄やお問い合わせで質問、要望があればご連絡してください。

【最短でデザイナーになるには?】面接官から評価されるポートフォリオとは?

前回の記事ではポートフォリオの内容はなりたいデザイナー毎に制作物を変えようと述べましたが。今回はその中でもどんな制作物が評価されるのかを具体的にお話したいと思います。

POINT01|実際の企業から依頼されたことを想定して!

デザイナーになれば当たり前の事ですが、制作はクライアント(依頼主)がいなければ成立しませんし
ポートフォリオも例外ではありません。

例えばWEBサイトを制作するとなればどんなサイトを作りたいですか?

こんな時はクライアントを先に想定しましょう。

ん~じゃあ~IKEA!

家具や生活必需品を取り揃えている「IKEA」ですが
WEBと絡めると、ECサイト、ランディングページが挙げられますね。

ではランディングページを制作する場合何処から制作する?

前回の記事から解りますよね?

”コンセプト”

「IKEA」の”コンセプト”はなんなのか?

年齢層は?

ライバル企業は?

ライバル企業とIKEAの違い(個性)は?

と1つずつ考えて行きましょう!

POINT02|制作できた?じゃあコンセプトをポートフォリオに入れよう!

上記IKEAでランディングページを制作出来ましたら。次はポートフォリオに入れましょう。
当たり前ですよね?しかしもう一つ入れて欲しいものがあります。

それは制作途中で自分が考えた事をノートに記述して(コンセプト)それを乗せちゃう。

「IKEA」の”コンセプト”はなんなのか?

年齢層は?

ライバル企業は?

ライバル企業とIKEAの違い(個性)は?

1つずつ先程考えましたがこれをそのまま載せちゃうんです。

これによって面接でどうやって有利になるのか?
それは考えて作られたことをアピールできる。

そんな事しなくても汲み取って貰えるんじゃないの?

いいえ、そんな甘くありません。

制作物だけ見せられても考え抜かれて制作されたものか初見の面接官が分かるはずないんです。

POINT03|3つの視点

良い仕事をするデザイナーが持ち合わせる重要なスキルは

3つの視点を持って制作出来る事です。

1つの視点はクライアントの視点

2つ目は広告を見た(制作物)ユーザーの視点

3つ目は1つ目と2つ目をバランスよく観たデザイナー(自分)の視点

です。

クライアントから広告を見れば当然色々な事を伝えたがります。
うちの会社は素晴らしんだ!商品は素晴らしんだ!

そうすると当然テキストの量、画像の量が膨大になりますよね?

しかしその広告を見るユーザーは興味ありません。

あなたが電車に乗っていて全ての広告を満遍なく注視して観ますか?

だからこそ伝えるべき事は最小限に、そして的確に伝わりやすく制作する必要があり。
これをユーザビリティーと言います。

なので制作する時は3つの視点をバランスよく使いこなしてください!

【最短でデザイナーになるには?】ポートフォリオ自体のデザイン

結論からポートフォリオ自体のデザインはシンプルにしてください。

当然です。

伝えたいのはポートフォリオ内の制作物です。
装飾品であるポートフォリオ自体が内容を邪魔することは本末転倒なのです。

ポートフォリオ=額縁と考えると解りやすいですね!

額縁は絵画を引き立て決して邪魔をしない事が前提です。
相性のいい制作物を引き立てる額縁=ポートフォリオを制作しましょう。

コメントを残す