【2019最新版】ゲーム アプリ厳選集|王道RPG~人気シュミレーションゲームTOP10

「AKIRA」実写映画2021年公開:最新状、プロデュースはレオナルド・ディカプリオ?

どうもKozatoblogです![author_box label=”この記事を書いた人]

大友克洋による日本の漫画AKIRA、1982年に完成した名作が
時代、世代を超えて復活します。

今までの「AKIRA」の歴史を解説したいと思います!

「AKIRA」原作漫画情報

原作漫画は全6巻公開されており実写映画 「AKIRA」

主人公 金田 正太郎

「AKIRA」を知ってはいるけどストーリーやキャラクターについてはあまり知らない!
という方は多いのではないでしょうか?

しかし私はそれでいいと思います!

今の20代の方があまり知らないのは無理ありません。

あらすじ

AKIRAとは1982年~1990年に連載された大友克洋によるマンガ作品、および1988年劇場アニメ版作品のことである。新型爆弾により崩壊した東京地区に住む主人公・金田は、事故をきっかけに超能力に目覚めた親友の鉄雄と共に軍が秘密裏に研究する超能力者を巡る抗争に巻き込まれる。軍が極秘に封印していた最強の超能力者「アキラ」の封印を解き世界征服を試みる鉄雄の暴走を止めるため、金田は仲間たちと協力し戦う。

https://renote.jp/articles/9290

リメイク作として公開したアニメ映画でさえ1988年ですからね!
確かにその時代で出せる世界観には当時の少年たちを驚かせました。

今見ていても未来設計やテクノロジーの内容は理にかなった驚きの内容。
しかし今では 「AKIRA」 で使用された描写やストーリー内容は色々な作品でリメイクされています

新鮮さが足りないのはしょうがないことですね,,,

「AKIRA」映画情報(紆余曲折)

ワーナー・ブラザーズが「AKIRA」を映画化しようとしていることが初めて報じられたのは10年以上前のことで、当初はルアイリ・ロビンソン監督の起用が予定されていました。

このプロジェクトは、2部作で全編を描く予定でした。

しかし、ルアイリ・ロビンソン監督が映画を作ることは結局なく、その後、プロジェクトは二転三転。「ザ・ウォーカー」のアルバート・ヒューズが監督、「トロン・レガシー」のギャレット・ヘドランドが主演という形で9000万ドル(約100億円)規模のプロジェクトが進んでいた時期もありましたが、2012年に制作中止となりました。

その後、「マイティ・ソー バトルロイヤル」のタイカ・ワイティティ監督がプロジェクトに参加。2017年に、アジア系俳優を起用したい意向を表明していました。


最終的に金田をはじめとした役どころをアジア系俳優が演じるのかどうなのかはまだ不明。撮影はカリフォルニア州で行われるとのこと。州の税控除を受けるために、2019年10月までに撮影に入る必要があるとのこと。

「AKIRA」アニメ映画版?原作版?

まだ確定情報ではありませんが最終的に抜擢された タイカ・ワイティティ監督が

「アニメ映画版ではなく原作コミックを実写化したい」

と述べています。

原作を実写化するとなると2部作化が期待されます。以前は2部作編成で制作予定だったので2シーズン実写映画「AKIRA」を楽しめるのではないでしょうか?

やはり途中で終わったり消化不良で終わってしまうのはもったいない原作なので

やり切って欲しいと願うばかりです!

「AKIRA」パロディー:海外で愛される

「AKIRA」 は国内のみならず海外でも人気のある作品なので2部作公開は現実的ではないでしょうか?

最近でも映画【 レディ・プレイヤー1 】でヒロインが 「AKIRA」 金田 正太郎の乗っていたバイクがパロディーで使用されていましたよね!

バイクのボディにはキティちゃんやワンダーウーマンのマーク、さらには80年代のテレビシリーズ『UFO時代のときめき飛行 アメリカン・ヒーロー』のシンボルがデザインされたステッカーが貼られていて、一瞬のうちに夢のコラボレーションが実現しているのです。それとは別に、バイクの全体像が映るシーンもあります。

「AKIRA」アニメ映画情報

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

監督

脚本

出演者

コメントを残す