【2019最新版】ゲーム アプリ厳選集|王道RPG~人気シュミレーションゲームTOP10

映画【ザ・ファブル】どんな相手も6秒以内に殺す。そんな男の究極ミッション映画原作情報

映画【ザ・ファブル】情報

主演岡田准一演じる「ファブル」は 圧倒的な強さと的確な手腕で、狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋。

そんな彼だからこそ究極に難易度の高くなるミッションが与えられました

それが 「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人・佐藤アキラとして普通の生活を送ること」

しかし、凄腕の”ファブル”にとって一般人として普通に生活すること自体が
難易度MAX

彼の日常が普通であればあるほどシュールで笑えるコメディーですよね!
様々な刺客も出演するのでとても期待大。

監督

江口カンさんは 福岡出身、KOO-KI所属。ドラクエ(出演:のん、北大路欣也)、スニッカーズなど多数のCMを演出。Webムービーでは、「Baseball Party」(トヨタ)や「COME ON! 関門!」(北九州市・下関市)などのヒット作品を手掛け、国内外にて異例の視聴数を獲得。07-09年、カンヌ国際広告祭で三年連続受賞。13年、東京2020五輪招致PR映像「Tomorrow begins」のクリエイティブディレクションを務める。ドラマ「めんたいぴりり」が日本民間放送連盟賞・優秀賞(2年連続)、ギャラクシー賞などを受賞。劇場映画作品は、デビュー作『ガチ星』(18)が「映画芸術」誌ベスト10にランクイン、その後『めんたいぴりり』(19)、『ザ・ファブル』(19)と続いている。

©2019「ザ・ファブル」製作委員会

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

上映日:2019年06月21日

上映時間:123分

あらすじ

どんな相手も6秒以内に殺す――。 “ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。 「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。インコを飼ったり、バイトしたり…。 殺しを封じ、《普通》を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する! 【絶対に殺してはいけない】指令のもと、絶体絶命のピンチを切り抜け平和に暮らせるのか―?!

監督

脚本

原作

主題歌/挿入歌

出演者

映画【ザ・ファブル】レディーガガコラボ

日本映画初の主題歌起用となったレディー・ガガの「ボーン・ディス・ウェイ」に合わせて贈るスペシャルコラボムービー。モーショングラフィックやアニメーションを多用し、いままでの予告編などのイメージと異なったミュージックビデオのようなノリで本編映像が展開されている。

【ザ・ファブル】原作情報

映画【ザッファブル】の原作紹介します!

週刊ヤングマガジン連載中で、単行本累計部数280万部突破、2017年度講談社漫画賞<一般部門>を受賞したコミック『ザ・ファブル』

著者は
南 勝久 みなみかつひさ

昭和46年5月30日大阪泉州生まれ。多くの職を経たのち漫画家に。第41回ちばてつや賞準大賞を受賞。2000年『ナニワトモアレ』連載開始

原作では現在17巻まで連載中

コメントを残す