【2019最新版】ゲーム アプリ厳選集|王道RPG~人気シュミレーションゲームTOP10

【無料マイクラ】「Minecraft Earth」マイクラの現実化、いつから?最新情報内容は?

どうも!KOZATOBLOGです[author_box label=”この記事を書いた人]
ついに大人気ゲーム『マインクラフト』がARゲームとして世界中にリリースされます。

こちらの記事には近々のリリースに向けて公開日、情報をお届けしたいと思います。

「Minecraft Earth」いつから?

今夏クローズドβテスト開始予定(米国限定)
対象プラットフォームは、iOS/Androidを搭載したスマートデバイスで、ビジネスモデルは基本プレイ無料のサービス課金。今夏より米国を対象としたクローズドβテスト(CBT)を開始する予定。

日本展開は未定。

とありますが今後βテスト後は日本リリースも時間の問題でしょう。

それでも待ちきれない方もいるかと思います、ポケモンGOの時も米リリースから
日本展開にタイムラグがありましたが日本から米版をインストールする方法はあるので

詳しくは今後最新情報でお伝えしたいと思います!

「Minecraft Earth」コンテンツ内容

『Minecraft Earth』(マインクラフト アース) のコンセプトは
地球全土をまるごとマインクラフト化

現実世界のあらゆる場所をスマホ越しで見たときマイクラ世界とリンクするような
夢のあるコンテンツです!

今までのポケモンGOの様なARゲームですとシステムや開発側が
設置した場所でユーザーがそれに準ずる形でしたが

今回の注目ポイントは
ユーザー自身が場所を決めてオブジェクトを設置することのできる自由型ARゲームになる事でしょう。

制作物は友人とシェアし自分たちの新しい込みにコミュニケーションツールとしても注目されています。

・自宅のテーブルなど、好きな場所に縮小サイズのブロックをAR表示して、集めたブロックで自由に作れる「ビルドモード」

・ビルドプレートは持ち歩いてどこでも展開できる。自宅のテーブルで作ったら帰宅しないと続きが作れないわけではない。

・マルチプレーヤーでビルドする際も、原則としてマインクラフトのマルチと同じ。同時に作業できるということは、何かを壊されたり、取って手持ちに入れることもできる。(逆にいえば、なんでも交換したり受け渡しできる)。

こちらは画像でもわかる通りリアルサイズを反映させています!

前述のビルドモードとは違い、リアルサイズで制作するのもマイクラ独自の

ゲーム性を反映してくれています!

プレイモードでは、こうして作った作品を現実の場所に、ほぼリアルサイズでAR設置して遊べます。特に大きな作品の場合は、ARで「設置」すると学校の校庭ほどのスペースが必要です。


現実の特定の場所に「センチメートル単位」の精度でARを配置して複数プレーヤー間でリアルタイムに同期したり、画面ごしに見える他プレーヤーの頭の上にプレーヤー名を表示する(!!)など、裏では最先端のAR技術が投入されていることも大きな特徴です。

開発は地球マップを反映されています!

現在のマイクラはサーバーごとにランダムで仮想マップが生成されますが
今回の 『Minecraft Earth』(マインクラフト アース) は地球そのものが

マップ化されるので旅行先で思い出の作品を設置したり
様々な文化、地形で作られるマイクラ世界も異なるでしょう。

「Minecraft Earth」で出来る事

1つ目はギャザリング画面に表示されているリソースの場所まで歩いて行き、リソースをタップし、素材を集める。日頃、タッチデバイスで「Minecraft」をプレイしている人は、物理的な移動を伴うという点を除いてはほぼ同じ遊び方になる。このギャザリングがゲームとしての「Minecraft Earth」の基本となる。

2つ目はアドベンチャーこれはスマートフォンをかざして見るARモードの画面で行なう。ARモードでは、現実世界の風景に交じって「Minecraft」のドットとブロックで構成されたオブジェクトやMob(NPCキャラクター)が出現する。ここでリソースを集めたり、動物を飼育したり、雄大な風景を楽しんだりできる。

担当者の説明では、地中からマグマが噴き出したり、スケルトンやゾンビが襲ってきたりといったイレギュラーなアクティビティが発生することもあるという。モンスターとのバトルもあり、戦いに勝つことでレアなアイテムが獲得できることもあるようだ。

3つ目はMobこれは「ポケモンGO」を強く意識したコレクション要素で、「Minecraft Earth」には、豚や犬、猫、アヒル、ウサギといったお馴染みのMobから、世界で数カ所しかいないようなレアなMobまで様々なMobが実装され、これを見つけ、集めるということも楽しみの1つになっている。「Minecraft Earth」においても激レアMobを求めて、世界中の人びとが一カ所に集まる光景が見られるかもしれない。

現在のマイクラでも木材や鉄、金を集めるには労力が必要です
最新『Minecraft Earth』(マインクラフト アース) でも更に楽しい素材集めが期待できますね。

アドベンチャーではオブジェクト、家畜動物からスケルトン、ゾンビなどのモンスターバトルも可能で
自身で制作した弓や剣で戦うこともできます。

物理的にリアルタイムの制作物は自分の足で建物を回り込んで撮影したり

『Minecraft Earth』(マインクラフト アース) ならではの楽しみ方ができそう。

「Minecraft Earth」トレーラー公開

最後に『Minecraft Earth』(マインクラフト アース) のトレーラーを公開します!
リリース後にリアル生活に溶け込んだ映像はテンション上がる事間違いなし

コメントを残す