無料で課金アイテムをゲットしてみた

ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)全米&全英で初登場1位:17歳で最年少記録を更新

ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)プロフィール

次世代スターとして世界中の注目を集める弱冠17歳のシンガーソングライター、ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)のデビュー・アルバム『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』が全米・全英共にアルバム・チャートで初登場1位を獲得した。


アメリカでは発売初週に合計31万3000枚相当の売り上げを記録し、2019年のアルバム相当単位の週間総売り上げとしてはアリアナ・グランデの『thank u, next』に次いで2番目の記録となり、2000年代生まれで初となるアルバム・チャート1位となった。シングル・チャートでは14曲同時チャート・インを果たし、カーディ・B、ビヨンセ、アリアナ・グランデらが持つ女性アーティストの同時チャート・イン記録を更新。また、イギリスでは女性ソロ最年少1位という記録も更新している。

2019/03/29 に公開されたBillie Eilish – bad guyですが既に1億7千万回再生される
次世代のスターになった彼女です。

ではなぜ彼女がここまで躍進できたのか考察していきたいと思います!

ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish) 躍進の要因考察

8~13歳

彼女は幼少期から
名門ロサンゼルス児童合唱団で歌い、音楽業界から注目を集めていました、その躍進を伝えるメディアは彼女の年齢にばかりフォーカスした記事を量産していたのですが

13歳のころに兄のフィニアと共に制作した 「Ocean Eyes」 をサウンドクラウドに投稿したところ一夜にして爆発的な支持を勝ち取りました。
Spotifyでは実に2億回以上の再生回数を獲得することになります。

自らの力で

「Ocean Eyes」で一躍注目を集めた彼女は自身のツアービジュアル~アルバムジャケット、ツアーグッズのデザイン。又巨大なフォロワーを抱えるSNSの管理まで全て自分で行っていたのです。

簡単なことではないと思います。やはり注目を集めると自分の一言や少しの行動がネガティブな事件に関わってしまうこともあるからです。今では有名アーティストはSNS等でも専門家を付けたり代理で運営することが増えていますが。それに逆行して彼女は自分をうまく発信できているのですね。

創造裕で先駆けとなっている

彼女の躍進を後押ししたのは音楽ストリーミングだろう、一昔前ではレーベルと契約しレコードやCDを出してから人気を獲得する王道のスタイルだったが今ではYoutubeやサウンドクラウド、Spotify等のストリーミングで様々な人に才能をアピールする事が出来る時代になりました。

日本でも米津 玄師さんはニコニコ動画から注目を集め、
ジャスティン・ドリュー・ビーバー さんはYoutubeで知名度を上げました。

彼女の躍進は”時代”も後押ししていたんですね!

ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)

最近では日本を代表する現代アーティスト、村上隆とコラボしたアニメーション・ビデオ「you should see me in a crown」を発表し、彼女が常に時代を先駆け、大いなるキャリアが彼女を待ち構えていることを露呈した。

昔から日本のアニメーションも好きだったのでこの様な夢のコラボが実現したのではないでしょうか?

コメントを残す