【2019最新版】ゲーム アプリ厳選集|王道RPG~人気シュミレーションゲームTOP10

映画【キングダム感想】主題歌はワンオク!曲の情報紹介|レビュー解説ネタバレなし

映画キングダム「感想」

2019年4月19日公開「キングダム」公開初日に観てきました!
ズバリ感想は”最高だった”

キングダム自体単行本からファンの一人だった僕は
映画製作の情報を知った時からテンション上がりっぱなしでした!

キングダム はストーリー・キャラクターが魅力、しかし最大の魅力は中国全土の壮大な
世界観にあると思います。漫画「キングダム」でも勿論最大限表現されていました
しかしこの映画「キングダム」は漫画では表現しきれない空間を見事に映像化してくれました!



又、ストーリーは漫画中でも最初の山場である宮廷奪還作戦!
ここで必要不可欠なキャラクター楊端和、作中でも不動の人気を誇る 美しき山界の王
見どころの大門を信がこじ開けるジーンも見事に演出されていました。
やはり記憶にある感動のシーンは抑えてくれているなと感じました。

映画キングダム「主要キャスト」

主人公:信 しん) ・山崎賢人
嬴政(えい せい)・ 吉沢亮
河了貂(かりょう てん)・橋本環奈
楊端和 (ようたんわ)・長澤まさみ

映画キングダム:忠実な再現シーン:ネタバレ注意!

漂が信の目の前で力尽きるシーンはほぼ忠実に再現されており、特に信の「漂ー!」と叫びながら慟哭する場面は原作同様涙なしには見れません!続いて信が嬴政と初めて対面するシーンでは、原作とは少し違い、まったく状況を知らない信が朱凶の登場で徐々に現状を把握していきます。 山の民と遭遇する場面では、先述したバジオウが山の民の言葉しか話さないのが違う点ですが、嬴政だけを連れて行く場面もなく、みんな一度に縄に繋がれて山の城へ連行されます。しかしそれ以外はすべてほぼ原作通りで、楊端和が登場するシーンはかなり忠実に再現されていました。

映画キングダム

「 ONE OK ROCK: Wasted Nights 」

映画キングダムmusicはロック界で不動の人気を誇る「ONE OK ROCK」

楽曲は文句なしでした!
流石としか言いようがありません
これまでにもアニメ・漫画実写化映画 例(るろうに剣心)
で楽曲を提供しているONE OK ROCK

映画キングダムの見どころはここにもありました!
ONE OK ROCK: Wasted Nightsが流れるタイミングが神ががっていましたよ
実際に見ていただきたいのでネタバレは避けますが
実際に見ると鳥肌ものなので必見です!

映画キングダム「スペシャル対談」


映画化不可能と言われた原作、奇跡の
実写化−−−「キングダム」映画化始動。


松橋:原先生のところに映画の企画書をお持ちしたのは、2015年頃です。「キングダム」は映画プロデューサーなら誰でもやりたい素晴らしい企画ですし、私も昔からぜひ実写化したい作品でしたが、いざ作るとなったらものすごい製作費がかかるので、相当な覚悟がいる。おいそれと企画を持って行けずにいたんですが、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、コロンビア・ピクチャーズ代表のサンフォード・パニッチさんが、「一緒に日本映画を作りたい」と言ってきたんです。彼は以前20世紀FOXにいた時に『タイタニック』を担当しているのですが、その製作の際に予算超過しても作品を完成させるために作り続けた人なので、『キングダム』の話をする価値があるなと思って。原作の1巻から5巻までのストーリーと、いかに素晴らしい漫画かを英語にして、アメリカに送ったら、3日後にぜひやろうと返事が来たんです。なので私は大きな援軍を味方につけた状態で集英社さんにご提案をしたんです。


原:嬉しいですね。「キングダム」は10年間連載していて、全然実写化の話がなかったので、もうないものだと思っていました。今回、最初に当時の担当編集から連絡があったとき、「やっと映画化の話が来ましたが、たぶん流れるので、信じないでください」と言われたんです(笑)。でもその後、脚本が上がってきて、それが第2稿だったんですね。これは本当にやるんだと思いました。そして初めて松橋さんにお会いして、「やりましょう。お願いします!」と。松橋さんが鋭いなと思ったのが、僕は王騎と龐煖(ほうけん)の戦い (16巻)まで描くんだろうなと思っていたんですよ。アニメの一期もそこまでやりましたし。でも、そのとき松橋さんから「5巻までで充分面白いです。勝負できます」と言われたんです。すごく嬉しかったですし、英断だなと思いました。


松橋:最初の企画からそのつもりでした。それでも映画にすると2時間ちょっと。ぎっちりです。


(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

コメントを残す